朝日杯FSに絶対的な本命が二頭!この馬を買えば間違いなし!

先週の阪神JFでは絶対的本命と紹介したラッキーライラックが見事に1着になりました!


世間ではロックディスタウンの方が評価は上でしたが、なぜそんな評価だったのか疑問に思うくらいラッキーライラックの勝ちっぷりでした。

ラッキーライラックに絶対的評価を下していた僕からすれば、当然の結果だったわけです。

もちろん馬券も当たりましたし、会心の予想だったなと自負しています。




さて今週は朝日杯フューチュリティーステークスです。

先週に引き続き、今回も絶対的本命馬がいます!


しかも2頭です


まず1頭目がダノンプレミアムです。

このレース得意なディープインパクト産駒で、前走重賞を楽勝、差して良し、先行して良し。
馬体も2歳とは思えないくらいの素晴らしい馬体です。他のどうでもいい理由付けは要りません。

どこに死角があるのでしょうか



そして2頭目が>ステルヴィオです。

前走はダノンプレミアムに敗れるかたちになりましたが、ぶっちぎりの上がり最速。あの位置でから差しきるのは不可能だったでしょう。

父がロードカナロアということで血統面で不安視されるかもしれませんが、今までのレースぶりや馬体を見てみればただの短距離馬ではないことは一目瞭然です。

鞍上も強化されますし、この馬も不安要素はないです。




他にも有力馬や穴馬はいますが、とりあえずこの2頭を勝っておけば間違いないことは変わりありません。

枠順確定後に穴馬も紹介したいと思います。





阪神JFに絶対的本命馬あり!身体能力がずば抜けて高い一頭とは!?

今年の阪神ジュベナイルフィリーズは、例年よりも注目度が高い一戦になるでしょう。



それもそのはず……



新種牡馬オルフェーヴル産駒の素質馬二頭が出走するからです!



ファンも多かった馬ですし、当然期待値も高かった馬ですが、その期待にしっかり期待に応えてG1の舞台に二頭の主役を送り込んできました!



まず一番人気になりそうなのがロックディスタウンです。

新馬戦では牡馬相手に楽勝。続く混合の札幌2歳Sでも4角でまくるという、牝馬らしからぬ走りで勝利しました。
鞍上も阪神JF2連破中のルメール騎手と、もはや死角の無いと思える馬ですね。




しかし私の本命は違います。




もちろんロックディスタウンも強いとは思います。
ですがそれより強いと思えるのがもう一頭いるのです。



それがもう一頭のオルフェーヴル産駒、ラッキーライラックです。


ラッキーライラックも新馬戦、アルテミスSとデビューから負けなしでここに挑んできます。これだけ見るとロックディスタウンとそっくりなプロフィールですよね(笑)


ですが、私はロックディスタウンよりこちらの方が上と見ます。


なぜなら身体能力が違うからです。


よかったら一度、他馬とレース映像を見比べて見てください。
ラッキーライラックの走りは、トラやチーターといった動物のたちのような機敏な動きをしているのです。

この走りは普通にできることではなく、生まれ持った才能でなしえる動きです。

私がこの感覚を味わったのはドゥラメンテの時以来ですね。


不安なのは気性面ですが、それさえ克服できれば勝ち負けでしょう。



最後に私の印を紹介します。



◎ラッキーライラック
○マウレア
▲ロックディスタウン
☆ラテュロス
△リリーノーブル




オルフェーヴル産駒ばかり紹介しましたが、

阪神マイルの鬼、ディープインパクト産駒は忘れずにおさえておきたいですね!

ジャパンカップの有力馬考察

【キタサンブラック】

説明不要の現役最強馬です。この豪華メンバーでも実力は頭ひとつ抜けていると思ってます。
不安としてあげれば前走の反動ですが、今回に関しては問題ないと思っています。むしろ不安なのはこの後の有馬記念でしょうね。
不安がささやかれてるおかげで、このレベルの馬が単勝1倍台にならないのは美味しいと思いますし、迷いなく軸で行きます!



【レイデオロ】

率直に言うと、東京2400mでキタサンブラックに勝てるような馬だと思っていません。そもそもあのドスローダービーの勝ちですので、それほど評価していません。前走も結局ドスローのなかでの圧勝でしたしね。
キタサンブラックのつくる流れる展開になったときに、果たしてこの馬が勝ち負けできるか……というのはかなり未知数です。もちろん立ち回りのうまい馬なので、内枠を生かした競馬ができれば馬券圏内は十分可能でしょう。



【サトノクラウン】

重馬場専用なので買い時、切り時がはっきりしている馬です。今回は良馬場が予想されるし切ってもいいんじゃないか……と思う人は多いと思います。
しかしこの馬は3歳時の良馬場ダービーで3着に入っています。2400mという距離なら良馬場でもなんとかなるのかもしれません。この世代のレベルを考えればダービー3着というのは価値が高いと思います。
反動がなければ当然勝ち負けレベルの馬でしょう。



【ソウルスターリング】

人気はレイデオロに及びませんが、馬体・動きはこちらの方がレベルは高いです。というより古馬と比べても遜色のないレベルにある馬です。
元々重馬場は苦手で、前走のぐしゃぐしゃ馬場での結果は度外視でいいでしょう。むしろあの展開・条件下で6着まで来たことを評価したいです。
キタサンブラックと並んで軸候補の一頭です。



【マカヒキ】

未だにこの馬の超G1級の評価している人がいますが、もうこの馬に多くを望むのは酷です。一言で言うと終わった馬です。
前走、最後に突っ込んできた走りが評価されていますが、私はこのパフォーマンスがそれほど良いものだったとは思いません。レースが終わった後に突っ込んできてるだけですからね。
人気するようならバッサリ切ってしまっても問題ないでしょう。



【シュヴァルグラン】

この馬のいちばんのマイナス点は直前にデムーロ騎手に裏切られたことです。今のデムーロ騎手の勢いを見れば、死刑宣告をされたようなものでしょう。
ただ馬自身はここでも十分通用するでしょうし、抑えは必須でしょう。



【シャケトラ】

前走の負け方でかなり評価を落としていますが、あれはどうやっても無理なレベルでした。そう考えれば今回は妙味のある一頭となりそうです。
無欲の福永騎手……3着に入ってくる可能性も見えてきます。




というわけで現時点での印です!


◎ソウルスターリング
○キタサンブラック
▲サトノクラウン
☆シャケトラ
△レイデオロ
×シュヴァルグラン

消マカヒキ



また馬場が変われば予想も変わりますが、基本はこれでいくつもりです。なんとか点数を絞って狙い打ちしたいところですね!




スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ