混戦模様!2017年ホープフルステークスの有力馬考察

サンリヴァル

ルーラーシップ産駒らしく跳びが大きく、瞬発力が足りない印象。でもしぶとさがあり長く良い脚を使う。出して行って引っ掛からないのも好印象。
中山でパフォーマンスが向上したことを考えると中山巧者感が強く、軸候補にはピッタリ。



シャフトオブライト

力強く長く良い脚を使う。目立たないタイプだが、粘りこんで3着はあるかも。



シャルルマーニュ

瞬発力がなくジリ脚。地味な印象を与えるが、着は外しておらず安定した走りを見せている。3着候補。



ジャンダルム

とにかくスピードがすごく、前走は圧倒的な上がりで完勝した。素質はかなりのものだろう。距離不安が囁かれているが、二歳のこの時期で中山2000mなら克服は可能だろう。



ジュンヴァルロ

逃げて2戦2勝だが、ムーア→藤岡弟は大幅割引。あって3着まで。



ステイフーリッシュ

反応が早いわけでは無いが、長く良い脚を使えるタイプ。いかにもステイ産駒っぽい。完成はまだ先だろうが、このメンバーなら一発あってもいいかも。



タイムフライヤー

前走を見るとトップスピードに不安はあるが、仕掛けてからがわりと速く使える脚も長い。このクラスでも安定しているし、無理に嫌う必要はなさそう。



トライン

新馬は軽い走りで突き放す快勝。ただ、とにかく楽すぎるレースなのは事実で未知数な部分が多すぎる。あまり買いたくはないが……



フラットレー

新馬戦で見せたコーナーの加速は秀逸。馬体も好馬体。前走の惨敗は不可解だが、一応2番目に上がりは使えている。比較的早々にルメールを配したことを考えると、陣営がこの程度の馬ではないと判断しているとも考えられる。


2017年有馬記念の全頭考察(後編)

シュヴァルグラン

この馬はモロにハーツクライ産駒の特徴が出ていて、長く良い脚は使えるのですが一瞬の脚は使えません。こういうタイプは小回りのコースは苦手なんですよね。それはこの馬の過去の成績が示していますし、同じハーツクライ産駒の最高傑作であるジャスタウェイもこの舞台では出番がありませんでしたから。

無理に嫌う必要はないのかもしれませんが、過信は禁物な一頭です。






スワーヴリチャード

この馬の右回り苦手説はもはや有名ですが、これが克服されることはおそらくないです。競走馬の癖が簡単に治るようならどの馬も苦労しません。さらにスワーヴリチャードに関しては体系的なミスがあるため尚更です。この馬を買う方はそれを承知の上で買うべきだと思います。

まあそれと同時にミルコデムーロ騎手なので、カバーしながら激走してくる可能性も頭には入れておくべきです。





トーセンビクトリー

競馬界屈指の有馬記念血統です。この馬自身中山も得意ですし、これだけでも買っておきたい一頭なのですが……





ブレスジャーニー

ここでは足りないでしょう。





ミッキークイーン

とにかく前走のレースが圧巻でした。完全な内有利前残りの競馬を一頭だけ大外から差してきて、一着とタイム差なしでしたからね。
しかもこの馬は叩き2走目から調子を上げてくる馬です。昨年のこのレースでもシュヴァルグランには先着して5着していますから、今年もチャンスは十分あると思っています。





ヤマカツエース

この馬の特徴は2つあって、まず1つ目は冬に良績が集中するという冬馬であるということ。2つ目は小回り巧者だということです。昨年もこのレース4着していますし、同じ小回りのG1大阪杯ではキタサンブラックの3着と好走しています。もちろんここでも注目です。
ですが、この秋は少し走りすぎかなという懸念があるのでそれは不安です。





ルージュバック

遂にG1を獲れないままここに来てしまいましたね……やはり足りないところがあるのでしょう。
ですが、2走前の中山での走りっぷりには見所がありましたので、一応はおさえておきたいです。





レインボーライン

基本的にはG1ではあと一歩足りません。天皇賞秋のときの泥んこ馬場のような助けがなければ厳しいでしょう。
ステイゴールド産駒ということで穴人気するでしょうが、この馬は過去好走しているステイゴールド産駒とは違い、中山が得意とは言えません。ぶった切ってしまってもいいでしょう。

2017年有馬記念の全頭考察【前編】

カレンミロティック

GⅡやGⅢあたりではまだ穴をあけてくれそうですが、G1の舞台では流石に厳しいと思います。





キタサンブラック

実力にはケチのつけようがないです。文句なしの歴史的名馬です。
この馬が不安なのは疲れだけですよね。

ですが今回は問題ないかもしれません。

そう言える根拠はキタサンブラックの調整過程にあります。キタサンブラックは天皇賞(秋)、ジャパンカップとかなり緩めの調教を施してきたからです。
特にジャパンカップでは調教が緩すぎて、あるトラックマンが「激走の疲れが出てるのではないか」と不安説を挙げたくらいですから。
今回は中間も緩めず、最終追い切りでもビッチリ追ってきました。

そう考えると不安視されている疲れもさほどないのかなと思えてきました。




クイーンズリング

特に強調材料もなく、消しでいいでしょう。





サウンズオブアース

流石に衰えが隠せません。消しでいいです。





サクラアンプルール

プロフィールを見るとこの馬がマツリダゴッホにしか見えません。どうもありがとうございました。
外枠だったら消しますけどね。





サトノクラウン

出走を直前まで決めかねてたくらいですから、どう考えてもここを目標につくってきていません。中間の調整もチグハグで、勝負気配を全く感じません
ムーア騎手で過剰人気するでしょうから、喜んで消します。





サトノクロニクル

前走は勝ったとはいえ、まだG1で通用するような走りには思えませんでした。
これからの馬ですし、今回は消しで。





シャケトラ

前走は重めの印を打ったのですが、案外すぎる結果でした。あれを見ると実力不足感は否めませんね。まあここ2戦仕上がっていなかったですし、どちらも言い訳はできなくもないですが……

日経賞で勝ったり、宝塚記念で4着したりと小回り適正はありますよね。特殊条件の天皇賞(秋)で3着に入ったレインボーラインよりは評価できると思います。

ヒモでおさえておくべき一頭でしょう。

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ