2017年04月25日

天皇賞春考察【シャケトラ&アルバート】

今週は天皇賞春の有力馬考察をしていきます!

このレース枠順がとても重要となってきますが、とりあえず枠は関係なしで考察していきます。

今回考察するのは日経賞勝ち馬シャケトラとダイヤモンドS勝ち馬アルバートです。



【シャケトラ】
デビューしたのは3歳の6月で、いわゆる大器晩成型の馬です。
初めての重賞出走だった日経新春杯で僅差の2着でしたが、次走の日経賞では骨っぽいメンバーが揃った中で見事勝利しました。

新馬のころからセンス溢れる走りを見せており、能力ではこのメンバーでもひけをとらないでしょう。

ですが前走は田辺騎手のファインプレーに助けられたいう面が大きいと思います。中山競馬場での田辺騎手の騎乗技術は現役のなかでもトップクラスですから。

ただこれが他のコースに変わると、やはり未知数の部分は大きいです。気性が悪いところもありますし、今のところ大味な競馬しかできませんしね。
うまく立ち回らなければ好勝負できない近年の天皇賞では不利に働きそうです。

正直この舞台で勝ち負けできるまでのイメージは湧きませんね。



【アルバート】
現代競馬では珍しい生粋のステイヤーです。
日本のG1ではこのレースくらいしか適鞍がありませんし、おそらく全力で取りに来ると思います。

ですが近年の天皇賞春はさほどスタミナは求められません。どちらかといえば高速馬場に対応できるような器用さがほしいレースです。
豪快な競馬をするこの馬には適してないレースと言えるでしょう。

またG1で大した結果が出せていないのを見ても、実力が一枚足りないと見るのが妥当でしょう。

人気するなら真っ先に切りたい馬です。



明日はレインボーライン、ディーマジェスティの考察をしたいと思います。
posted by JOESTAR at 10:04| 考察・見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

先週末の回顧と天皇賞春の最有力馬

まずは先週末の回顧から

福島牝馬Sの予想
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449211719.html

マイラーズCの予想
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449256145.html



なんと土日重賞的中となりました!

本命どころで決着してしまったので配当はつきませんでしたが、福島牝馬SのクロコスミアマイラーズCのブラックスピネルなどの人気馬を切れたことは良かったと思っています。

この調子で来週からも当てていきたいですね!




さて今週はG1天皇賞春が行われます。

キタサンブラックvsサトノダイヤモンドの二強対決となりますね。

みなさんもお分かりだと思いますが、今回に関してはこの二頭には逆らえません。

ではどちらの方が有力なのかという話になりますよね。


現時点でキタサンブラックの方が有力だと私は思っています。

詳しくは考察のときに述べますが、不安だらけだった大阪杯を完勝したこの馬に不安要素はもはや皆無なのです


対してサトノダイヤモンドはまだ古馬になってから初のG1です。
このレースで4歳のオルフェーヴル、ゴールドシップがとんだのも記憶に新しいですよね。



今週は天皇賞に出走する有力馬の考察をしていきますので、是非ご覧くださいね!
posted by JOESTAR at 11:36| 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

マイラーズC予想&フローラS注目馬

http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449211719.html
福島牝馬S完全的中しました!

今日のマイラーズCは更に自信アリなので、この調子で当てていきたいと思います!



◎エアスピネル
京都のマイルはこの馬にベストな条件
前走は滅多に見ることのないようなドスローだったので度外視。むしろ上がり勝負にもある程度対応できたことを褒めたいと思います。
枠も絶好ですしここは勝ち負け。


○フィエロ
この馬も京都のマイルはベスト
安田記念というよりは、ここできっちり調整して初重賞制覇を狙っている感じ。
ようやく今回は勝てるかも?


▲ダッシングブレイズ
この馬も京都マイルは得意でしょう。
遠征するとイマイチですが、関西のレースなら戦績はほぼパーフェクト。
枠も悪くないですし、重賞初制覇の期待は高まります。


△イスラボニータ
枠の関係で印を下げただけで、実力は最上位の馬です。
今年初戦なので仕上げきっていない可能性も高い馬ではあります。


以下全印です。


◎エアスピネル
○フィエロ
▲ダッシングブレイズ
△イスラボニータ




もうひとつの重賞フローラSの注目馬はザクイーンビルズトレジャーです。

ザクイーンは血統面での奥深さと前走の勝ちっぷりを評価。ビルズトレジャーは一流どころの牡馬相手になかなかの走りを見せている点を評価しました。

穴馬として購入してみてはいかがでしょうか?
posted by JOESTAR at 06:34| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

福島牝馬S予想

今回は福島牝馬Sの予想をしていきます!

混戦模様なので予想するのも非常に難しいですが、あえて印をしぼって予想していきます。



◎ウキヨノカゼ
実は出走予定の段階からこの馬を本命にすることに決めていました。
前回の中山牝馬Sでも穴馬として抑えていたのですが、今回は本命で買いたいと思います。

元々スプリンターズSで3着に入るくらいの実力馬で、怪我明けからはマイルあたりの距離で使われ続けています。
着順はイマイチパッとしないのですが、ほぼ全てのレースで上がり最速を記録しています。

今でもハマれば突き抜ける可能性は十分考えられますので、人気がないなら積極的に買いたい一頭です。


○ロッカフラベイビー
最近の走りを見る限り、確実に力をつけてているなと思わせる馬です。レース内容を見ても小回りコースはこなせそうですし、このメンバーなら力も足りると思います。
不安なのは大幅な鞍上弱化。


▲クインズミラーグロ
ここ2戦重賞で3着に入ってる馬です。ここでは実力上位ではありますが、今まで軽ハンデに恵まれていたのも確か。
絶対的な信頼は置けませんが抑えておかなければいけない馬でしょう。


☆ギモーヴ
とりたてて強調する点はありませんが、牡馬に混じって戦えてる点に好感がもてる馬です。
良い枠も引けましたし、前で競馬できるのも強みですよね。


△フロンテアクイーン
印を下げたのは、単に妙味が無さそうだから。純粋な力はこの馬が一番だと思います。抑えは必須かと。


私は手が回りませんでしたがデンコウアンジュも面白い馬だと思うので、余裕がある方は是非買ってみてください。


以下全印です。


◎ウキヨノカゼ
○ロッカフラベイビー
▲クインズミラーグロ
☆ギモーヴ
△フロンテアクイーン
posted by JOESTAR at 16:28| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【POG】来シーズンに向けて

今回は息抜きで、馬券ではなくPOGについて書いていきたいと思います!

ちなみに私は熱狂的なディープインパクトファンですので、紹介・検討するのは基本的にディープ産駒になると思われます(笑)



さて※昨シーズンのG1を振り返ってみましょう。
(※現在進行形ではありますがここでは昨シーズンと呼びます)


阪神JF-ソウルスターリング(フランケル)
朝日杯FS-サトノアレス(ディープインパクト)
桜花賞-レーヌミノル(ダイワメジャー)
皐月賞-アルアイン(ディープインパクト)


いかがでしょうか?

ディープインパクト産駒が不作の年」と言われていたシーズンでしたが、結局はディープ産駒が2/4勝ってしまっています。

しかもダービーにはアルアインだけでなく サトノアーサー、アドミラブルといった有力馬も出走予定ですので、また1つG1を勝ってしまうかもしれませんね。

ちなみに来シーズンには素質馬が大挙してきますので、ディープ産駒は昨シーズン以上に結果を残す可能性が非常に高いです。



では他の種牡馬はどうなのか。



やはり新種牡馬のオルフェーヴルには期待が集まりますよね。
初年度からとんでもない質の繁殖を集めてきているので、これで結果が出なかったらおかしいレベルです。

しかし産駒の特徴がイマイチつかめてない以上、狙い打ちするのはかなり至難の技でしょう。



新種牡馬にはエイシンフラッシュロードカナロアもいますね。特にこの2頭は非サンデーなので個人的な期待値は高いです。



ですが私が最も注目しているのはオルフェーヴルやロードカナロアなどの新種牡馬ではなく、オルフェーヴルの父ステイゴールドです。

なおステイゴールドは既に亡くなってしまっているので、実質的にこの世代がラストクロップとなります。

「オルフェーヴルに繁殖をとられてるんじゃないか?」と思われるかもしれませんがそんなことはありません。
むしろここに来て配合が洗練されてきています。

来シーズンは「最後の大物が出てくるんじゃないか」と期待しています。




ここまで大まかな展望を述べてきましたが、もちろんキングカメハメハハーツクライは依然として侮れませんし、Frankelの更なる躍進も考えられます。


あと2ヶ月、一緒に悩みましょう!


今後は空き時間に少しずつ注目馬を紹介していきたいと思っています。
posted by JOESTAR at 08:48| POG2017-2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

クラシック有力馬考察【フローレスマジック】

今日紹介するのは牝馬のフローレスマジックです。

素質、これからの伸び代を考えると3歳牝馬No.1だと思っている馬です。

ではプロフィールから見ていきましょう。



フローレスマジックはディープインパクト産駒の牝馬で、きょうだいにはG1馬ラキシスや重賞ホースサトノアラジンがいる良血馬です。

きょうだいを見ていただければお分かりいただけると思いますが、本格化するのは古馬になってからの血統です。

フローレスマジックの走りを見てもまだ緩いところがあるので、やはりこれからの馬なのでしょう。



ですがフローレスマジックは他のきょうだいに比べ少し例外で、早い段階で重賞で勝ち負けするレベルまで達しています。

色々な見方があると思いますがおそらく素質が違うのでしょう。

二歳のときから馬体が垢抜けていて、バネのよく効いた走りをしています。また柔らかすぎず硬すぎずという絶妙な筋肉を持っており、身体的な素質は間違いなく一級品だと思っています。
(少し脚が短かったりするので将来はマイルあたりがベストになりそう)

競走能力という点でも、G1を2つ連対しているリスグラシューに肉薄している実績があるので疑いようがありません。


オークスに出てきたら是非買ってみたい一頭です。



明日は福島牝馬Sの予想をします。
posted by JOESTAR at 10:31| 考察・見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

クラシック有力馬考察【アドミラブル】

今日考察する馬はアドミラブルです。

今ネット中で「ダービーはこの馬」と騒がれている馬です。

一体どのような馬なのか考察していきたいと思います。



アドミラブルは父ディープインパクト×母スカーレットという血統で、母系を辿ると皐月賞馬ヴィクトリー名脇役リンカーンダービー馬フサイチコンコルド皐月賞馬アンライバルドなどがいます。

つまり超良血馬ってことです。


またこの馬の馬名は非常に凝ったものとなっています。

アドミラブルは「称賛に値する、立派な」という意味がありますが、綴りはadmirable
そう、夫である近藤利一さんの冠名admireとかけているのです。

まさに馬主である近藤英子オーナーが、今までずっと温めてきた名前といえるのではないでしょうか。


そんなアドミラブルがデビューしたのは9月の新馬戦。ここにはエアウィンザームーヴザワールドという良血馬も出走しており、アドミラブルと合わせて「伝説の新馬戦」ともてはやされていました。
しかしアドミラブルはひとつの見せ場も無く惨敗。

その後敗因が喉なりと判明し、陣営はすぐ放牧に出し手術をさせました。

そして治療を終えて復帰した2月の未勝利戦では見違えるような楽勝。続くアザレア賞でも三歳馬とは思えないような驚愕のタイムで楽勝
レースを終えたミルコデムーロ騎手も「メチャ強い」と絶賛していました。

こうなってくると「ダービー馬じゃないか」という声が上がってくるのも当然ですよね。



ですが私は

アドミラブルはダービー向きではない

と思っています。



理由はこの馬の馬体と筋肉にあります。

シルエットを見るとディープ産駒なのに大きくて、筋肉がついていて、素晴らしい馬体に見えます。

ですが走りを見るとどこか重苦しく見えるんですよね。これは母父シンボリクリスエスの鈍重さから来ています。

このシンボリクリスエスというのは産駒に強い影響を与えるため、ほぼ全ての産駒が鈍重な動きを見せます。(唯一の例外はエピファネイア)

もちろんこのアドミラブルにも強い影響を与えており、首が太めでゴツゴツした筋肉をまとっています。
このアドミラブルの筋肉は、同じくマッチョのディープ産駒アルアインとは全く違う性質の筋肉なのです。

要はトップスピードを上げることのできる筋肉ではないんですね。
シンボリクリスエスの筋肉は馬場が高速化している近代日本競馬には全く適していないのです。


近年の日本ダービーでは馬場が超高速化しているので、2400mを走れるタフさではなく、とにかくトップスピードの速さが求められます。
(マカヒキが勝ったり、イスラボニータが2着に入ったり、ゴールドシップが5着に敗れているのを見ればお分かりいただけると思います。)


ですので私とすればアドミラブルには青葉賞を圧勝してもらって、ダービーで思いっきり人気を吸ってほしいと思っています。



あ、でも雨が降ったら◎候補です。
posted by JOESTAR at 10:18| 考察・見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

クラシック有力馬考察【サトノアーサー】

予告通り今週は桜花賞、皐月賞に出走していない有力馬を考察していきます!

今日の一頭はサトノアーサーです。

結論から言うと、ダービーに一番近いのはこの馬なんじゃないかなと思っています。




この馬の最大の特徴は、大きなフットワークから繰り出されるキレッキレの末脚です。

シクラメン賞で見せた上がり32秒台のレースは圧巻でしたし、毎日杯ではあの皐月賞馬アルアインに上がり33.3の末脚であと一歩まで迫りました。(アルアインの上がりは34.3)
なかなかこんな上がりを出せる馬はいませんよね?

更にこの毎日杯では最後方から大外ぶん回しという無茶な競馬を強いられていたので、評価を下げるような敗戦ではありませんでした。


身体的な特徴は非常に柔らかいところです。この馬の歩いている姿は本当に美しいです。
ただ、筋肉がつききっていなくて緩いところがあるので、全体的なパワーは少し足りません。
重馬場のきさらぎ賞で敗れた理由はそれにあると思います。(それでいて重馬場巧者のダンビュライトに勝ったのは流石の一言)


これらすべての特徴から推測すると、この馬の得意な条件は広くて直線も長くて力のいらない馬場・コース

そうです!
東京の舞台は間違いなく適しているのです!

もちろん能力という面でも、皐月賞上位勢と遜色のない競馬をしていますので十分足りていると思います。


私は現時点でダービーの本命をつけるなら、迷わずサトノアーサーに付けます。




今後はダービーへ直行と言われていますが、おそらく京都新聞杯かNHKマイルで一叩きするのではないでしょうか。

ダービーに向けて非常に楽しみにしている一頭です。
posted by JOESTAR at 15:27| 考察・見解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

皐月賞2017 回顧

とにかく悔しい結果となりました今年の皐月賞…


では着順と印の確認をしていきましょう。


1着:☆アルアイン
2着:△ペルシアンナイト
3着:消ダンビュライト

8着:◎ウインブライト
12着:○アウトライアーズ



完全に軸を間違えました。


http://www.xn--tckwe.nagoya/article/448982137.html
アルアインペルシアンナイトは高く評価していた。

http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449009163.html
ファンディーナスワーヴリチャードの人気馬も軽視していた。


ここまで読めていたのにも関わらず外れてしまい、万馬券を逃してしまったのは非常に悔しい限りです。

(まあ、それ以上にスプリングS組を高く評価してしまっていたのでこうなるのも致し方ないですが……)


ですが幸いにもアルアインは穴馬推奨していたので、参考にされて馬券をとられた方がいたら嬉しい限りです!


次回のG1も独自の目線でズバズバ分析していきますので、今後とも当ブログをよろしくお願いします。


今週はオークス、ダービーに向けた3歳の有力馬を考察していきます。

気が早いと思うかもしれませんが、桜花賞、皐月賞未出走馬からピックアップしていく予定ですので、是非ご覧ください。
posted by JOESTAR at 13:39| 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

皐月賞2017 予想

弥生賞組の考察はこちら
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/448925727.html

スプリングS組の考察はこちら
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/448951507.html

アルアイン、ペルシアンナイト、アダムバローズの考察はこちら
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/448982137.html

スワーヴリチャード、レイデオロ、ファンディーナの考察はこちら
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449009163.html

データ分析はこちら
http://www.xn--tckwe.nagoya/s/article/449027864.html



いよいよレースが明日に迫ってきましたね!
皆様はこの難解皐月賞、どのような決断をしましたか?


私は◎ウインブライトにしました。

やはりこの馬のステイゴールド産駒らしい成長力には目を見張るものがありますし、枠も有力馬の中で一番良い枠を引けました。
また脚質、適正共に皐月賞にピッタリの馬で期待値は一番高いです。

○にはウインブライトとそれほど差のないと競馬をしているアウトライアーズ

▲は牝馬のファンディーナ。
レースぶりや馬体、ラップを見ても分かりますが、並の馬ではありません。でも、何度も言いますがこの馬は三歳牝馬です。
強いのは分かっていても軸にするほどの信頼は置けませんでした。

☆にはアルアインを指名しました。
前走のレベルは高かったと思いますし、タイムも良かったです。この人気で買えるなら妙味があると思います。

△はスムーズに回ってこれば勝ち負けもあるペルシアンナイト

能力は一番高いけど、適正&騎手に疑問符のつくスワーヴリチャードは抑えの×にしました。

(私は手が回りませんでしたが、大穴狙う方は是非プラチナヴォイスも検討してみてください。)


以下全印です。


◎ウインブライト
○アウトライアーズ
▲ファンディーナ
☆アルアイン
△ペルシアンナイト
×スワーヴリチャード



最後に、
私の予想がみなさまのお役にたてれば幸いです。
posted by JOESTAR at 20:09| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする